MT4での自動売買 有料EA?と無料EA?

この記事は2分で読めます

 

 


志摩力男の実戦リアルトレード

 

 

MT4での自動売買 有料EA?と無料EA?和歌山アラフォー男がFX自動売買で頭金を貯める物語

EA?無料EA?有料EA?

そんなの有料の方が、成績良いにきまってるやん。

だって有料なんやろ

 

って思ってました。今日も夜勤明けで記事を書いてる

管理人KENCHIです。

 

さて、まず EA ですが

EA : Expert Adviser の略で 「MT4専用の自動売買ソフト」です

 

 

有料EA 無料EA それぞれについて解説していきますね

 

 

有料EA

メリット:自分の好きな口座(ブローカー、業者、スプレッド狭いところ)で運用できる

キャッシュバックサイトを利用できる

デメリット:EA代金(商品代金)がかかる

 

※キャッシュバックサイト ↓ ↓ ↓  こんなサイトです

 

 

 

 

 

無料EA

メリット:EA代金が一切かからない(商品代金 無料)

デメリット:指定口座(ブローカー、業者、スプレッド広い)で運用しなければ ならない

 

 

 

 

2015y07m19d_073112656

 

 

私の結論は、初心者はまずは無料EAが良いと思います

 

だって、お金かからないもん

 

 

 

※有料EAは情報商材系のEAではなく、

 

fx-on などのサイトで販売しているEAのことです

 

 

 

 

 

次に、無料EAの仕組みについて

 

基本的に全て無料です

でも、それじゃ提供してくれている側は利益ないですよね

そんなシステムはあり得ません

 

IB(Introducing Broker) ってきいたこと ありませんか?

無料EAはこのシステムの上に成り立っているのです

 

 

海外FX業者のスプレッドにはIBに支払われる報酬が

最初から組み込まれています。

これが、海外業者のスプレッドが国内業者のスプレッドより

広い理由です。

 

国内FXと海外FXの違いですねえ

 

※IB = 紹介業者 開設する際の窓口 といった認識でOKです!

 

ようは口座開設したFX業者から

スプレッドの一部が利益になっているシステムなんです

 

無料EAを運用する場合、必ず専用口座の開設が必要になるのは

こういう理由だからなんですねえ

 

しかし、運用する側には金銭的リスクは何もありません

 

その後 無料EAを運用していくわけですが、

EA提供者にも当然 利益が支払われているわけです

 

 

なので、EA提供者にしても使ってもらって なんぼ なわけです

 

なので、成績 性能が良いEAの可能性は高い のではないでしょうか?

 

 

 

私自身 こういうこと知らなかったので、無料はダメ

有料が良いにきまってる と決めつけていましたが、

私自身 現在も無料EA使っています。

 

まあ、無料だからね

 

 

 

これは、私自身の考えですが、

自動売買で勝つには、やはり裁量の知識が無いと

勝てないわけで、初心者はエントリーも決済もわからない

感じだと思うんです。

 

 

だからこそ、無料EAを使って経験を積み

 

無料だから、何個でもEA使い放題なんで

ポートフォリオなんかも組めちゃいますし

 

 

よし無料EAは卒業って自分自身が思えるようになったら

お気に入りの有料EAを買い、好きな業者でキャッシュバックを

もらいながら、運用してみれば良いんじゃないかなって思ってます。

 

 

次回は 「おすすめ無料EAサイト 」を紹介します

次はこれ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:KENCHI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク

管理人が使用しているVPS

画像の説明文

★大手2社と比較してみました

VPSって何?って方はこちら

申し込み方法はこちら

キャッシュバックサイト

画像の説明文

ファイナルキャッシュバック

★海外口座開設するなら、キャッシュバックサイト経由させた方が絶対にお得です!実質スプレッド狭くなったのと同じですよ(^^)

関連レビュー記事はこちら

自動売買との共通点多数♪

画像の説明文

★管理人は超長期で、損切りなしのトラリピをお勧めしています。よかったら詳細記事をご覧ください(^^)

詳細記事はこちら

画像の説明文