FX取引初心者のためのガチンコFX

FX用のトレードソフトMT4

海外では国内のようにFX会社独自の取引ツールを提供していることが少ないので、メタトレーダー4を取引ツールとして使用する海外FXトレーダーが多いです。メタトレーダー4では様々な通貨ペアのチャートを表示させたり、インジケーターを表示させてテクニカル分析を行うことが出来ます。一目均衡表や移動平 均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSIなどなどメジャーなインジケーターがたくさん揃っています。チャート上で右クリックして新規注文、決済注文を素早く出すことも可能です。IFD注文やIFO注文といった複雑な注文方法も設定できるのが魅力です。

 

メタトレーダー4ではMQL言語でプログラミングできる知識が必要ですが、インジケーターのオリジナルを開発することが可能です。有料のインジケーターが販売されていたり、無料のインジケーターがネット上で公開されており、プログラミングができなくても他のFXトレーダーが開発したインジケーターをそのまま導入することが可能です。

 

インストールの方法も指定のフォルダに移動させてメタトレーダー4を再起動するだけと簡単です。テクニカル分析を多用するFXトレーダーにとても魅力な機能です。また、メタトレーダー4ではEA(エキスパートアドバイザー)による自動売買も可能です。自動売買というと以前は機関投資家しかできないものでしたが、

 

インターネットの普及とメタトレーダー4により簡単に個人投資家でも始められるようになりました。EAもインジケーターのようにオリジナルを開発したり、有料や無料のEAをそのまま導入することが出来ます。オリジナルのインジケーターをもとにオリジナルのEAを開発すれば、トレーダーの完全独自の自動売買が行えます。

 

有料のEAは結構高額なものがありますし、お金を出したからと言って必ず利益を上げてくれるとは限りません。EAは意外とシンプルなほうが長期間有効だったりするので難しい所です。メタトレーダー4ではEAをバックテストすることも可能です。あくまでも過去の相場ですがどんなパフォーマンスを見せたか調べることが出来ます。

 

バックテストするときは取引回数を多くする事、取引期間を長くすることが大切です。取引回数が少ないと、取引期間が短いと、たまたまその時だけパフォーマンスが良かった事があります。バックテストにはいろいろな項目がありますが、PF(Profit Factor)が2.0以上あるシステムが望ましいです。PFは利益の総額と損失の総額の比で、1.0より小さいシステムでは損失が出てしまいます。