FX取引初心者のためのガチンコFX

ダウ理論

先物や株取引、そしてFX取引も同じですが、確実に収益を出すには、成功法則として相場の予測・理論を学ぶことが必要となります。

 

 

ダウ理論とは

 

 

まずは「ダウ理論」というものをご紹介します。

 

経済学者チャールズ・H・ダウが19世紀に没後、彼が『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙に書いた論説が『ダウ理論』です。ダウ理論は先物や株式投資や為替の成功法則としてその世界ではよく知られているものです。

 

平均株価の概念を導入した最初の人がダウと呼ばれていますが、ダウ理論で用いるのは、二つの平均株価(運輸株平均・工業株平均)の終値べースです。

 

ダウ理論の考え方ですが、平均株価の概念とともに重要なのは、いったん始まった動向・トレンドは反転が証明されるまで継続するということです。

 

 

 

 

初心者がおぼえておくべきポイント@

 

初心者のためにもう少し噛み砕いて説明すると、「為替相場にはあらゆる事象が関係していますが、一度「上昇」というトレンドが始まったら、それを反転させる現象がおきないかぎり、相場は上昇を続ける」ということです。

 

 

 

 

ダウ理論の詳細

 

トレンドについての理論ですが、相場には三つのトレンド(波動)があることを初心者は憶えておいて欲しいと思います。

 

@長期トレンド(主要波動、Major or primary trend)
A訂正トレンド(ニ次波動、Secondary trend)
B短期トレンド(Minor trend)です。

 

また、短期トレンドより小さい動きとして、Daily fluctuation(日々の変動)があります。

 

トレンドのうち長期トレンドというのは1年以上も続きます。

 

最も重要で予測困難なトレンドである、Aの訂正トレンドは3週間から3ヶ月月続きます。一般には、価格は長期トレンドのほぼ3分の1から3分の2の反動となり、通常は、2分の1の訂正に終わるとされています。

 

 

 

 

相場には3つのトレンドがある

 

FXの対象である外国為替取引の成功法則のひとつに、どんなに下落したものでも実需の売りはあり、どんなに上昇した後でも実需の買いは残るということがあります。

 

ですから、たとえ株式相場では底練りと見られるようなパターンであってもFXでは元のトレンドに戻ることもあり、注意が必要です。

 

「相場には3つのトレンドがあり、資産保全の意味では@の長期トレンドを意識していればよく、難しいのはA訂正トレンドの予測を的確にして、確実に儲けること。」

 

 

ダウ理論は株式市場に応用されたものであり、景気指標のための理論です。これが通貨間取引であるFXにも応用できるというものなので初心者は覚えておきたいことのひとつです。

 

ダウ理論の中で初心者が知っておくべきもうひとつの成功法則として、「最高値と最低値が連続で上昇するときは上昇トレンド傾向になり、連続して下降するときには、下降トレンド傾向となる」ということです。

 

システムトレードのページでも説明しましたが、自動売買処理を行うツールには、こういったダウ理論などの成功法則が基本仕様としてはいってなければなりません。

 

しかも短期トレンドなどは非常に誤差が大きいことから、FX上級者は自分でツールを作っている人も多いです。

 

 

たくさん書籍が出ていますので、ダウ理論をもっと本格的に勉強したい人は自分に合った書籍を探して勉強してください。

 

@「相場にはトレンドというものが存在し、何かの出来事が起きない限り、継続する」
A「相場には3つのトレンドがあり、資産保全の意味では長期トレンドを意識していればよく、難しいのは訂正トレンドの予測を的確にして、確実に儲けること」
B「最高値と最低値が連続して上昇するときは上昇トレンド傾向になり、連続して下降するときには、下降トレンド傾向となる」

 

以上、3回にわたって、初心者が憶えておきたいダウ理論のさわりをまとめてみました。