ユーロの特徴

ユーロ(EUR)の特徴

 

ユーロは1999年に電子通貨として発足しました。
EU加盟国のうち12の国で、それぞれ発行されていた通貨を統一させるために創設された通貨がユーロです。

 

現在ユーロ/米ドルは世界で最も流動性の高い通貨ペアであり、その値動きは欧州と米国の経済の健全性の尺度として用いられています。
ユーロ/日本円、ユーロ/スイスフランも流動性が高い通貨ペアです。
ユーロ/米ドル、ユーロ/英ポンドは秩序だった動きをする傾向があるため、お勧めの通貨のひとつです。

 

米ドルが圧倒的な基軸通貨であったため、それに対抗できる「第2の基軸通貨」として、世界から期待されています。

 

実際に各国の外貨準備として組み込まれたり国際的な取引でユーロが使用されるケースが増えています。これはアメリカが政治的、経済的に混乱を招くリスクがあることから、米ドルを避けたいという心理から、こうした動きになっていると予想されます。

 

ユーロ圏において重要だとみなされる国は、ドイツ、フランス、イタリア、スペインになります。

 

EUの主な経済指標

■GDP
■経常収支
■消費者物価指数
■生産者物価指数(PPI)
■ユーロ圏失業率
■IFO景況感指数(ドイツ)
■ZEW景況感指数(ドイツ)

 

ユーロ円は、ある程度、FXの取引経験のある方にオススメします。
理由としては、ユーロだけでなく、ドルの影響をうけることやドル円にくらべて情報が少ないことです。

 

お勧めFX会社はスワップ派には、マネーパートナーズ、外為オンラインデイトレ派には、LION FX(ヒロセ通商)、DMM FX、外為ジャパン(旧MJ)、みんなのFX(トレイダーズ証券)になります